断捨離の精神で夢の一戸建てを

一戸建ては多くの人が憧れる住まいの形態ですが、経済的な理由で諦める人も多いことでしょう。都市部では土地だけでも数千万円しますので、中古でも手が届かない人が多いでしょう。郊外なら通勤に時間がかかる、駅までの交通手段がないなど、様々な理由が邪魔をします。 しかしそれほど大きくない土地にこじんまりとした家であれば、決して利便性の良い場所に建てることも不可能ではありません。一戸建ては、結局のところ土地代が正味かかるために割高になっています。外壁も屋根もマンションのように共用ではありませんので、建築費と合わせてマンションよりも高くつくという構造です。土地の大きさ、建物の建て方で工夫をすれば、同じ場所に建つマンションと同じくらいの予算で手に入れることも充分に可能です。 例えば無駄に広くしない工夫です。家は当然ながら床面積に比例して建築費が高くなります。広ければ物が増えていきます。せっかく広かった家も狭く見えてしまうほど物に溢れている家がよくあります。最初から生活に不要なものは置かない設計をすれば、それほど広い空間は必要ないはずです。断捨離は、意外にもローコストの一戸建てにも役立つ精神です。 庭の植栽で、光熱費を下げることもできます。

北上不動産 4013 6/4

Copyright ©All rights reserved.断捨離の精神で夢の一戸建てを.